電力自由化とは

低圧・一般家庭用サービス

2016年4月から、一般家庭向けの電力自由化が始まります!

2016年4月に予定されている電力自由化によって、一般家庭を含む低圧のお客さまも、電力会社を選ぶことができるようになります。 電力自由化は、1995年の電気事業法改正以降、独立系発電事業者(IPP)の電力市場への参入が認められるなど扉が開かれると、その波は大きな広がりをみせ、徐々に範囲が拡大されてきました。 2000年4月からは特別高圧、2004年4月からは高圧のお客さまを対象に、すでに電力自由化が開始されています。 2016年4月からは、全面自由化となり、一般家庭を含む低圧のお客さまに、小売電気事業者*1(新電力*2)が電力を供給できるようになります。

*1 小売電気事業者:2016年4月から、電力を販売することが認められた事業者です。
*2 新電力:現在、これまでの地域の電力会社以外に、参入している特定規模電気事業者(PPS)のことです。新電力は、契約電力が50kW以上の需要家に対して、地域の電力会社の送電網を使って、電力の供給を行います。2016年4月からは、新電力も、電力の販売を行うには小売電気事業者として登録が必要となり、登録されると呼び方も小売電気事業者に変わります。

電力が自由化されたら何が変わりますか?

お客さまのご家庭にスマートメーターが設置されます

スマートメーターが設置されると、電力使用量が30分ごとに計測できます

これまでは月1回の検針で、1か月間の総使用量のみの計測でしたが、スマートメーターは、日ごと30分ごとに計測ができます。

スマートメーターの導入によって、その使用量のデータを活用し、お客さまによりご満足いただけるようなサービスや料金プランをご提供できるよう検討しております。

現在、スマートメーターは、地域の電力会社が、各ご家庭への設置を順次進めています。
小売電気事業者へ切り替えを予定されているご家庭に、優先的にスマートメーターを設置する方針が発表されています。

これまでと同じように安心して電気をお使いいただけます

電気は、従来の地域の電力会社の送電線網を利用して各ご家庭にお届けしますので、お客さまが受電される電気の安全性・信頼性はこれまでと変わりません。
万が一、当社の発電所が停止したり、トラブルがあったりした場合も、地域の電力会社とのバックアップ契約や卸電力市場の活用によって保護されるため、普段と同じように電気を使用することができます。